婚活の読みもの

婚活に関する様々な事について書いています

結婚式をするかしないかは婚活で知り合ったカップルの最初のトラブルの原因

婚活で知り合い、成婚へと辿り着いた男女の最初のトラブルの原因は「結婚式をどうするか?」だと思います。

結婚式に対する考え方が同じであれば問題は無いのですが、「普段の生活でも出会いはあるけど、スペックの高い人を探している女性」「スペックは高いけど、出会いが無い(モテない)男性」の組み合わせが多くなる婚活では、結婚式をやるのが当然と考えている女性と、結婚式をできればしたく無い男性と言うパターンになり易いです。

恋愛結婚であれば、片方がやりたい・やりたくないと我儘を言っても、相手の為に我慢すると言いますか、喜ばせて上げたいと言う感情も生まれますが、徐々に家族なって行く婚活カップルの場合だと、最初に面倒な事が来ると「この人と結婚するのは止めておこう」となってしまうかもしれません(最初から「結婚式をする気の無い人」を条件に入れて婚活をする人もいるでしょう)。

せっかく良いと思える人に知り合えたのに、結婚式が理由で破談になってしまったら勿体ないですよね?

婚活を始める前に結婚式をやりたくないと考える人、やりたいと考える人のそれぞれの理由を把握して、どこまでなら妥協ができるのか、相手に合わせる事ができるのかを一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

結婚式をやりたくない理由

まずは結婚式をしたくないと考えている人の理由です。

若く無いから

30代半ば以降になると、ウェディングドレスやタキシードを着て人前に出るのは恥ずかしいと考える人が増えて来ます。

若くも無いのにお姫様や王子様を演じるのは抵抗がある人がいても不思議ではありません。

また、結婚式の準備には大変手間が掛かりますし、友人に協力をお願いしないといけない部分もあります。

20代の頃ならば仕事もまだ忙しくはありませんし、友達も協力してくれやすいですが、30代半ばにもなると仕事の責任は増え大変になりますし、それは友達たちも同様なので(子育ても始まっていてさらに忙しい場合も…)、手伝いを頼みづらくなってしまいます。

結婚式を挙げるのにも実は適齢期があるのです。

お金の無駄

ご祝儀である程度回収できるとはいえ、結婚式には大きな費用が掛かります。

婚活で知り合ったカップルと言うのは、平均よりも年齢が高い傾向があり、夫婦で働いて貯金できる期間はとても限られているので、少しでも無駄遣いは省きたいと考えるのはとても合理的です。

結婚式で散財するくらいならマイホームの頭金にしたいと考える人も存在するのです。

友達がいない

婚活をしている人の多くは、友達からの紹介が期待できない人、つまり友達がほとんどいない人で、「式に呼べる友達がいない」と言う理由から結婚式をしたくないと考える確率は高いです。

婚活に多い受け身の人にはこの傾向が強く、交友関係の広い肉食系の人が受け身の人を口説いてカップルになった場合、結婚式をするかしないかでトラブルになり易いです。

妥協した相手だから

結婚式は親族や友達や会社の人にお相手をお披露目する場でもあるのですが、婚活で知り合った妥協した相手の場合、紹介するのが恥ずかしいと考える人がいてもおかしくありません。

例えば、容姿は優れないけど生活の安定の為に高年収の男性と結婚した場合、「どうしてあんなブサイクと結婚したの?」「お金目当て丸わかりの結婚だよね」なんて陰口を言われてしまうのは避けられません。

わざわざ安く無いお金を使ってそんな不愉快なお披露目会をする必要は無いと考えるのは普通です。

また、出会った理由が婚活なので、それだけで恥ずかしいと考える人もたくさんいます。(結婚式では「お友達の紹介」などと濁して発表されるが、陰で完全にバレない様にするのは不可能でしょう。)

結婚式をしたい人の理由

・ウェディングドレスを着たい
・大人数の前で主役になりたい
・結婚式をする事でケジメがつく
・両親に晴れ姿を見せたい
・親族間の顔合わせになる

結婚式をやりたいと考える理由は上記の様な物が主で、やらなくても別に困らないけど、結婚式はやるのが当然と言う価値観が理由になっています。

もちろん例外もあって、勤務している会社の社風的に結婚式をしなければいけない場合もあります。

どの上司に挨拶を頼むのかによってその後の出世に響くと言った旧態依然とした企業が100%無くなったとはまだまだ言えないのです。

妥協点を探そう

私は結婚式はするべきだと思います。

ただし何百人も招待する様な豪華な披露宴や2次会をする必要は無く、親族のみでの挙式とお食事会を開けば十分だと思います。

ウェディングドレスも着れますし、ケジメもつきますし、両親に晴れ姿を見せられますし、親族間の顔合わせにもなりますので、必要な事はすべてこなす事ができます。

婚活で知り合った2人が豪華な披露宴を行うと言うのは少数派だと思いますので、お姫様や王子様になりたい人は若い内から相手探しを頑張るべきです。

結婚式の現状

リクルートブライダル総研が発表した「結婚総合意識調査2016」を見ると、30代で結婚した人の約半分の人が披露宴を行っていない事がわかります。

結婚式をするのが当たり前という時代ではなくなっていることをまずは理解しましょう。

それを踏まえた上で話し合って妥協点を見つけてみて下さい。

結婚生活と言うのはお互いが相手のことを尊重し、お互いがいろいろなことを受け入れる(妥協)もので、今後お互いの意見が食い違う事が出て来たときに話し合う事ができない関係ではいけません。

・結婚総合意識調査2016
http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20161018_02.pdf

あなたのスペック診断!

いざ婚活を始めた時に自分が理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしてみませんか?同時に自分がどんな人と釣り合うのかも診断する事もできます。

何よりも異性から見た時の自分の価値がどれくらいなのか気になりませんか?
診断結果が悲惨な物になってしまう人もいるかもしれませんが・・・。

>>婚活力診断・スペックチェックはこちらから受けられます


Facebook必要なくなりました

ペアーズで婚活してみたかったけどFacebookと連動させるのが嫌だったFacebookをそもそもやっていなかったと言う人もいたと思うのですが、ルールが変わってFacebookと連動させなくても利用できるようになりました!

これを機に会員数日本最大のマッチングアプリに登録してみてはどうでしょうか?

>>ペアーズにFacebookを使わず登録する♪


おひとり様でも大丈夫!

街コンに参加したり、相席屋に行ってみたりしたいけど一緒に行く友達がいない…。
こんな悩みを抱える人いませんか?

おひとり様でも参加できる楽しそうなイベントはたくさんありますよ!
謎解き脱出ゲーム大会やボードゲーム大会やハイキングなどなど…。

普通の婚活パーティーよりもずっとずっと自然な出会いが期待できると思います。

>>ひとりでも参加できるイベントにどんな物があるのか見てみる


-交際