婚活の読みもの

婚活に関する様々な事について書いています

恋活女性は自分からヤリ目の巣に突撃している事を絶対に忘れないで下さい!

婚活パーティーではなく比較的なライトな婚活イベント、例えば合コンや街コンと言った物や出会いの多い婚活バーなどで婚活と言いますか、恋活をしている女性は自分がヤリ目の巣に突撃している事を絶対に忘れないでください。
カジュアルなイベントであればあるほど良い男性に知り合える可能性は高くなるのですが、遊び目的の女性と扱われてしまう事が多いのです。

スポンサーリンク

男性の思考を知ろう!

男性は真剣に交際できる良い人を探そうと思ってイベントに参加します。
しかし好みとなる女の子が参加していなかったり、参加はしていたけど他の男性とカップルになってしまった場合にこの様に考え始めます。

「せっかく来たからにはターゲットのランクを下げてでも何かしないとな。」

金と時間を無駄にしたくないので、途中から本命探しでは無く、遊び相手探しに切り替わる男性がいるのです。
自分が真剣に交際してもいいと考えている女性以外へのアプローチの先にあるのは、セフレ化できないかという欲望だけです。

イベント会場にいる上位数割の女性以外はほぼすべてこういった目で男性から見られる事になります。
特に男性のレベルが高い集まりになればなるほどです。

注意する事!

本命彼女を探す事を諦めてセフレ化できる女性を探し始めた彼らは、本命と思ってアタックする場合もそうでない場合も女性に対する扱いはイベント会場ではほぼ変わりません。
その場を楽しもうとしますからね。

つまり見分ける方法は無いのです。
イベントへの参加に慣れていない女性は勘違いしてしまっても仕方がありません。

唯一見分ける方法は冷静になって相手が自分と釣り合っているのか冷静に考える事です。

恋人同士と言うのは釣り合った物同士になる事がほとんどです。
凄い綺麗な女性と容姿が優れない男性が交際していたりしますが、そういう場合は男性のスペックが凄い高かったりしますからね。

学生時代や職場恋愛の場合だと内面的な魅力に惹かれてと言うパターンはありますが、イベントの様な短期間での出会いではこの傾向が強くなります。

「なんでこの人が私の事を口説いてくるのだろう?」と少しでも疑問に思ったら、その男性が何を考えているのか疑った方が良いです。

恋活系には参加しない方が良いのか?

恋活系イベントで女性が結果を出すにはそこに参加している中で上位となる魅力持っていないといけません。
そうでなければ寄って来るのは本気でなく、遊び目的の人達ばかりなってしまいます。

上位数割には入れないけど、どうしても婚活的なイベントよりも恋活的なイベントが良いと考えている人は参加するイベントのレベルを下げるしかありません。
ただし参加者のレベルは会場に行ってみるまでわからないので、年齢層が高そうなイベントであったりを選ぶしかないのですが。

まとめ

一部の真面目な人を除き、出会いを求めてイベントに参加している男性と言うのは真剣に恋愛したい女性がいない場合に目的を変更する人が多いです。
それを理解した上で参加するようにして下さい。

何回か参加しても上手く行かなかった時は戦略を練り直すべきです。

あなたのスペック診断!

婚活で自分が理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしてみませんか?

このチェックでは同時に「自分がどんな人と釣り合うのか?」を知る事もできるので、婚活で一番やってはいけない高望みを避けることができるようになります。

診断結果が悲惨な物になってしまう人もいるかもしれませんが、本気で結婚したいならば第三者から客観的な評価を一度してもらった方が良いでしょう。

>>婚活スペックチェックはこちらから受けられます


Facebook必要なくなりました

ペアーズで婚活してみたかったけどFacebookと連動させるのが嫌だったFacebookをそもそもやっていなかったと言う人もいたと思うのですが、ルールが変わってFacebookと連動させなくても利用できるようになりました!

これを機に会員数日本最大のマッチングアプリに登録してみてはどうでしょうか?

>>ペアーズにFacebookを使わず登録する♪


-ヤリ目