婚活の読みもの

婚活に関する様々な事について書いています

看護師の女性とは婚活でたくさん出会えますが、結婚相手としてはどうなのでしょうか?

婚活していると看護師や薬剤師や保育士と言った女性ばかりの職場で働いている人と知り合う機会が多くなると思いますが、彼女たちは結婚相手としてどうなのでしょうか?

結婚後に共働きを希望している男性が増えている現代では、出産後の復職や転勤先での就職が容易にできる有資格者として引く手数多と言われています。
実際に結婚したい女性の職業は何かというアンケートを取ると結果は以下の様になります。

1位:看護師…20.0%
1位:公務員…20.0%
3位:保育士…11.0%
4位:客室乗務員…6.0%
4位:調理師・栄養士…6.0%

同率で1位となった公務員も共働きをするのには最適な職業ですね。
地方ではまともな収入を得られる仕事が公務員と医療関係だけなので、その人気は都心部よりも高くなります。

3位の保育士も人手不足なので共働きは可能でしょうし、自分たちの子供を育てる時にも頼りになると考えているのでしょう。
CAさんが未だに人気職業なのには驚きましたが。

しかしこのアンケート結果はあくまで希望であって実際に結婚した人達の満足度を示す物ではありません。
婚活で看護師と知り合った男性が何を思ったのか調査結果をここでは示して行きたいと思います。

スポンサーリンク

看護師が婚活で多い理由

看護師:108万人
準看護師:34万人
保育士:44万人
薬剤師:40万人
客室乗務員:1.6万人

薬剤師は男性も多いですが、看護師や保育士は男性も増えていますが、ほぼ女性です。
出会いが無いと言われる職場でこれだけの女性が働いているのですから、婚活で遭遇する機会が多くなるのは当然です。

事務職などの一般職の女性もたくさん婚活していますが、そういう女性とは普段から接する機会があるので印象に残りません。
看護師は普段接する機会のない職業だから多くいる様に感じるだけの部分もあります。

医師との出会いは?

男性医師:21万人
女性医師:4万人

看護師は医師との結婚が多いのではと思うかもしれませんが、上記の様に医師の数は看護師に比べると非常に少ないです。

医師の場合は結婚相手にそれなりの家柄を求める場合が多いので、看護師を初めから結婚相手とは考えていない場合もあります。
同様に看護師も職場で医師を見ていて、高収入だけど人として無理と考えていたりします。

男性からのイメージ

実際に婚活で出会い、交際に向けてデートをした経験のある男性が感じた看護師に対する印象には次のような物があったそうです。

プライドが高い

女王様気質と言いますか、媚びて来る人が少ないです。
高収入なので適齢期になっても焦っていない、人の命を救うと言う尊い仕事をしていると言うプライドからそうなっているのでしょう。
結婚に焦っている女性から強めのアプローチを受けている男性の場合、面倒な相手と認識してしまう可能性があります。

性格がキツイ

気が強く無いと看護師と言う仕事は続けられないのか、働いている内に気が強くなってしまうのかわかりませんが、平均的な女の子に比べると物事をハッキリと言って来たりする女性が多いです。
また仕事でのストレスが溜まっているのか、余裕が無く気が立っている人が多いように感じます。

交際が進展しない

不定休で夜勤もあるので休日が合わず、せっかく知り会う事ができても交際が進展せずに終わってしまうと言う意見もありました。
すれ違いが続いてしまうのならば、結婚しても意味が無いと考える人がいるのは仕方が無いですからね。

話が合うか不安

看護師資格試験の合格者の内、大卒者数は約20%となっています。
これは平成20年の数字なのでちょうど今婚活をしている人達の数字となっています。
これに対して婚活をしている男性のほとんどは大卒となるので、話が合わないと感じていたりします。

参考記事
結婚相手の学歴は気にした方がよいのでしょうか?

※追記
婚活している男性に大卒者が多いの知らいたい方は「年上を受け入れれば誰でも結婚できる女性と違って、どんなに妥協しても結婚できない男性がたくさんいる」を読んで見て下さい。

元ヤンが多い

大卒の男性はそうでない女性のほとんどが元ヤンだったり、元ギャルだったりと言った偏見を持っている場合が多いです。
住む世界が違う人はカテゴライズしてしまった方が理解しやすいですからね。

しかしそれは思い込みで現実は看護師は真面目な人が多いのです。
例えば看護師の喫煙率は高いなんて言われていますが、日本人女性の平均よりも低かったりします。

日本人女性:9.0%
看護師:7.2%

ヤンキーが更生してと言いますか、元ヤンキーでも高収入を得られるのが看護師と言うのは昔の話で、今は普通の真面目な女の子が手に職をつける為に看護師になっているのです。

・看護職の喫煙率(日本看護協会)
http://www.nurse.or.jp/up_pdf/20140603140044_f.pdf

女性達も思う所がある!

男性が看護師に対して偏見と言いますか、先入観を持っているのと同様に、女性達も同じように不満を抱えています。

・金目当ての男たちが寄って来る

共働き前提と言いますか、自分の年収が低いから奥さんの年収に期待しているヒモを目指している様な男性からのアプローチが多くてうんざりしていたりします。
高収入の男性の中にはお金目当てに寄って来る女性を排除するためにわざと年収を低く申告したりする人がいたりしますが、看護師の場合は職業がバレた時点でそれは無理です。

ヒモ希望以外の男性でないと、性格がキツイ看護師と付き合えないと言う男性側の意見もありますが…。

離婚しやすいのは本当か?

看護師の離婚率は高いと言われていますが、厚生労働省の人口動態統計などを見ても看護師の離婚率について調べた調査結果は見当たりませんでした。
喫煙率と同じようにイメージだけで語られている部分はあると思います。

ただし次のような調査結果があるのは頭に入れてい於いて下さい。

・妻が夫よりも収入が多いと離婚率が極めて高くなる(約8割)

結婚した3組に1組が離婚すると言われていますので、妻の年収が高い夫妻の8割が離婚に踏み切っていると言うデータは嘘では無いと思いますし、30歳の看護師の平均年収は460万円で、同年代の男性の年収よりも15%程高くなっています。
看護師の離婚率が高いのは噂レベルでは無いと考えて良いのではないでしょうか?

関連記事
年収にまつわるいろいろなデータを集めてみました

※追記
幸福度が高い夫婦の場合、世帯年収の6割を夫が稼いでいるそうです。
看護師の年収が460万円だとしたら、年収700万円の夫と結ばれるのが上手く行く秘訣となりそうです。
これは非常に難易度が高いですが…。

薬剤師は人気だけどそれ以外は…

男性から最も人気のある医療系の女性は薬剤師です。

・看護師よりも高収入
・全員大卒なので話が合いやすい
・夜勤が無い
・忙しい職場が少ない

これらの理由から結婚相手として,看護師よりもずっと良いと思われています。
ただし相手を選べる立場であるのに婚活をしているという事は、何かしらのネガティブな要素がある可能性がとても高いと言うのを忘れてはいけません。

介護福祉士は?

平成25年には登録者数が118万人となった介護福祉士ですが、婚活では看護師の劣化版としか思われていません。

・資格取得が容易
・年収が低い
・仕事はハード

この3つが介護福祉士のイメージです。
不定休で夜勤もあるのに平均年収は300万円程度となっています。

低収入なのに看護師と同じように気が強かったリ、プライドを持っていたりする訳ですから、男性から見たら面倒以外の何物でもありません。

まとめ

医療福祉系の仕事をしている人に対して悪意のある様な記事になってしまいましたが、この様なイメージを持っている男性は少なくないという事を理解して下さい。
逆にこのイメージを逆手にとって接すれば好印象を与える事ができると思います。

・看護師なのに甘え上手
・看護師なのに謙虚
・看護師なのに私服はゆるふわ系

この他にもいろいろあると思いますが、ギャップを演出すれば男性なんて簡単に手玉に取る事ができます。
婚活では自分が異性からどんな印象を持たれているかを理解し、それをどう改善するか(猫を被って見せないか)が重要となっている事を忘れないで下さい。

あなたのスペック診断!

いざ婚活を始めた時に自分が理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしてみませんか?同時に自分がどんな人と釣り合うのかも診断する事もできます。

何よりも異性から見た時の自分の価値がどれくらいなのか気になりませんか?
診断結果が悲惨な物になってしまう人もいるかもしれませんが・・・。

>>婚活力診断・スペックチェックはこちらから受けられます

Facebook使いません!

ペアーズomiaiみたいに写真を見ながら相手を探したいけど、Facebookと連動させるのは嫌と言う人多いと思います。

そんな人におススメなのがゼクシィ縁結びです。

Facebookと連動さえなくて良いので友達にバレたりする事はありませんし、他の婚活サイトに比べれば運営元があのゼクシィですから真剣度が違います。
本気で結婚したい人以外の利用者なんていないでしょう。

>>まずはゼクシィ縁結びに無料登録してみましょう!

おひとり様でも大丈夫!

街コンに参加したり、相席屋に行ってみたりしたいけど一緒に行く友達がいない…。
こんな悩みを抱える人いませんか?

おひとり様でも参加できる楽しそうなイベントはたくさんありますよ!
お花見やボードゲーム大会やハイキングなどなど。

普通の婚活パーティーよりもずっとずっと自然な出会いが期待できると思います。

>>ひとりでも参加できるイベントにどんな物があるのか見てみる

-職業