婚活の読みもの

婚活に関する様々な事について書いています

婚活パーティに参加する男性が女性よりも少ない理由

2016/05/31

241 : ノイズs(関東・甲信越)[] 投稿日:2009/09/25(金) 17:55:10.03 ID:3z1y4SNI
女はニートでもバイトでものこのこ行くけど、男は一定以上の安定した収入がなければ拒否られるからこんな場は当然男が少なくなるだろ

スポンサーリンク

求められるものが違う

これはお見合いパーティなどの婚活イベントに女性よりも男性の募集が少ない事に対する発言です。

「ニートでもバイトでものこのこ行く」という表現はちょっと悪いですが、これが許されるのは男女間で求められているのが違うからなのです。

婚活と言いますか、結婚において異性に求めるものはこうなります。

男性:容姿(年齢)
女性:経済力

ある一定の水準以下の経済力の男性が参加した場合に相手にされない様に、女性側もある一定の水準以下の容姿の場合は相手にされません。

ただし、女性は男性と違って求められる一定の水準をほぼ全員が超える事ができます。
それは若さです。

男性は努力しても婚活女性から求められる経済力を得られる人は半分以下です。
特に最近の若い人だとかなり少数になってしまうでしょう。

それに比べて女性の場合は20代でしたらほぼ全員が婚活男性から求められる容姿を持っていると思います。
30代、30代後半となるにつれ減っていきます。
それでも経済基準を満たした男性よりもずっとずっと多いです。

婚活イベントで女性が多くなってしまうのは仕方ないのです。

数撃つしかない!

経済的な基準を満たす男性の割合を増やすことはできません。
人数が少ないのであればいろいろなイベントに参加するしかないのです。

数撃てば当たるを実行するしかないのです。

そして、経済的な事から目をつぶるというのは婚活では不可能なのです。
低収入の男性は婚活という場所に出て来ませんからね。

逆に基準を満たす男性でしたら今こそ婚活に参加すべきです。
成功する確率はグッと上がると思います。

あなたのスペック診断!

婚活で自分が理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしてみませんか?

このチェックでは同時に「自分がどんな人と釣り合うのか?」を知る事もできるので、婚活で一番やってはいけない高望みを避けることができるようになります。

診断結果が悲惨な物になってしまう人もいるかもしれませんが、本気で結婚したいならば第三者から客観的な評価を一度してもらった方が良いでしょう。

>>婚活スペックチェックはこちらから受けられます


Facebook必要なくなりました

ペアーズで婚活してみたかったけどFacebookと連動させるのが嫌だったFacebookをそもそもやっていなかったと言う人もいたと思うのですが、ルールが変わってFacebookと連動させなくても利用できるようになりました!

これを機に会員数日本最大のマッチングアプリに登録してみてはどうでしょうか?

>>ペアーズにFacebookを使わず登録する♪


-スペック