婚活の読みもの

婚活に関する様々な事について書いています

婚活をしているくせに独身男女の平均貯金額を知らない人はいませんよね?

年収についてはいろいろ議論されているので、どれくらいの額を希望するのが妥当なのかみんな理解しているのですが、貯金額になるとそうで無い人が多いです。

30代男性の年収の中央値が400万円と言うのは周知されて来ましたが、30代の独身男女の貯金額が平均してどれくらいあるのかを把握している人は少ないでしょう。

「年収1,000万円以上ある男を婚活で捕まえたい」と言う勘違い発言は聞かなくなりましたが、貯金については未だに「30歳なら1,000万円くらいあるでしょ」「勤続年数×100万円くらい欲しいよね」と普通に言われていたりします。

独身の人達の貯金額の相場はどれくらいになるのでしょうか?

関連記事
結婚してから貯金をすれば大丈夫なんて考えている人はいませんか?

スポンサーリンク

独身男女の貯金額

独身と言いますか、一人暮らし(単身世帯)の貯金額は総務省統計局が発表した「平成26年全国消費実態調査」を見ればわかります。

男性単身者の貯蓄額の平均値は1,118万円、中央値は480万円です。

しかしこれは貯蓄額の大きい高齢世帯が含まれているので、婚活での基準と考えると適当ではありません。

年代別の貯蓄額の表なのですが、40歳未満の項目を見ると、平均貯蓄額は373万円という事がわかります。

40歳未満というくくりだと、貯蓄の少ない20代が含まれてしまう事になりますが、比較的多くなる30代後半も含めることになるので、30代前半の男性の貯蓄額としたらこのくらいが妥当になるのではないでしょうか?

30代前半独身男性の平均的なスペックは年収400万円貯金400万円と考えるのが良いでしょう。

貯蓄率を見よう

貯金できている金額よりも、年収の何割を貯金しているのかと言った、貯蓄率を気にする様にしましょう。

これは男性単身勤労世帯の収支を表したグラフなのですが、黒字の部分がそのまま月の貯金額になると考えられ、収入が332,851円なので、年収換算すると約400万円になり、30代男性の収支モデルとしては適当だと思います。

黒字額は94,493円なので、年収における貯蓄率は約28%とかなり高くなっています。

これはボーナスも含めた割合なので、毎月の貯蓄率では無く年間の貯蓄率となり、貯蓄におけるボーナスの割合は高くなるでしょから、月間の収入における貯蓄率は15%程度が目安になると思います。

また、年収が高くなれば消費支出(税金等)が増え、低くなれば家賃の負担割合が高くなるので貯蓄率が下がる事も考慮しなければいけません。

この貯蓄率を頭に入れた上で、相手の貯金額が多いのか少ないのか判断しましょう。

年収が高くても貯蓄率が低い人は浪費家なので避けなければいけませんし、収入が低くても貯蓄率が高ければ結婚後の生活で苦労は少ないかもしれません。

ただし貯蓄率が高過ぎる人はドケチである場合がほとんどで、結婚後にかなりハードな節約を求められれてしまう可能性もあります。

・平成26年全国消費実態調査
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf

貯金額を聞くのが怖い・・・

結婚相談所でも婚活パーテイーでもマッチングアプリでも、年収はプロフィールに記載する場合がほとんどですが、貯金額までは書かれていないので、自分で聞かないといけないのですが、抵抗がある人も多いと思います。

相手から「資産目当てではないのか?」と疑われてしまう可能性があり、そしてそれは実際に多くのお金を持っている人程敏感になっています。

しかし婚活なのですから堂々と質問しましょう。

結婚を考えている相手から貯金について聞かれた時に、誠実に対応してくれない人と結婚するのはリスクがあると思います。

ただしストレートに貯金額を聞くのではなく、「同世代の平均に比べるとあると思いますよ」など、相手が答えやすい形で質問するのが良いでしょう。

それから、貯金が無い人が相手の貯金を気にするのは一番やってはいけない事です。

完全にたかり行為になりますので、結婚前の相手の資産を当てにするのならば、自分も同世代の平均くらいは貯金していないとダメです。

関連記事
婚活で知り合った人と交際を開始したら出来るだけ早く結婚観を確認した方が良い

女性にもちゃんと聞こう!

「女性の貯金額を気にする男なんてありえない!」なんて世間では言われていたりしますが、婚活で出会った相手の貯金額については男性も気にする様にして下さい。

ただしそれは頼りにしていると言った意図からではなく、浪費家では無いかを確認するのが目的です。(節約家すぎるのも結婚後の生活が大変窮屈になるので問題です)

聞く時には「自分の貯金額を教える事」と「同世代の平均以上の貯金があること」が条件となる事も忘れないで下さい。

女性は男性に比べると収入が少ない場合がほとんどなので、貯蓄率は少し低い傾向にあり、一人暮らしなら年収の10%、実家暮らしならば30%くらいが目安になると思います。

お金目当ては当然です

「収入や貯金を目当てにされるのは嫌だ」と考える男性もいるみたいですが、お金と言う武器を使わないと女性から相手にされない存在である事を自覚して、割り切って婚活して下さい。

当てにされるくらいお金があるのに、今まで結婚できていないのは、異性としての魅力が低い事の証拠です。

婚活は恋人を探す場所では無く、一緒に安心して暮らしていける人を探す場所なのですから、相手が浪費家でなければ、自分のお金を当てにされても問題は無いと思います。

関連記事
婚活で「好きになれる人」を探していませんか?これが一番の高望みですよ。

あなたのスペック診断!

いざ婚活を始めた時に自分が理想とする人と知り合えるかどうかをチェックしてみませんか?同時に自分がどんな人と釣り合うのかも診断する事もできます。

何よりも異性から見た時の自分の価値がどれくらいなのか気になりませんか?
診断結果が悲惨な物になってしまう人もいるかもしれませんが・・・。

>>婚活力診断・スペックチェックはこちらから受けられます

Facebook使いません!

ペアーズomiaiみたいに写真を見ながら相手を探したいけど、Facebookと連動させるのは嫌と言う人多いと思います。

そんな人におススメなのがゼクシィ縁結びです。

Facebookと連動さえなくて良いので友達にバレたりする事はありませんし、他の婚活サイトに比べれば運営元があのゼクシィですから真剣度が違います。
本気で結婚したい人以外の利用者なんていないでしょう。

>>まずはゼクシィ縁結びに無料登録してみましょう!

おひとり様でも大丈夫!

街コンに参加したり、相席屋に行ってみたりしたいけど一緒に行く友達がいない…。
こんな悩みを抱える人いませんか?

おひとり様でも参加できる楽しそうなイベントはたくさんありますよ!
謎解き脱出ゲーム大会やボードゲーム大会やハイキングなどなど…。

普通の婚活パーティーよりもずっとずっと自然な出会いが期待できると思います。

>>ひとりでも参加できるイベントにどんな物があるのか見てみる


-年収